給与ファクタリング利用者の多くがトラブルに巻き込まれているようです。

給与ファクタリングとは

 

最近増えている給与ファクタリングの被害

 

トラブル事例をご紹介する前に「給与ファクタリングとはなにか」をご説明します。

 

給与ファクタリングとは、会社から給与を受け取る権利(債権)を売却して、現金を得る資金調達方法です。
法人が事業者に売掛金を買い取ってもらう「ファクタリング」という資金調達方法が基になっています。

 

ただし給与ファクタリングはファクタリングと異なり、利用者が数々のトラブルに巻き込まれていることが大きな問題になっていました。

 

 

給与ファクタリングのトラブル事例

法外な手数料を取られる

給与ファクタリングの利用者が法外な手数料を取られた、という被害がありました。

 

法人を対象にしたファクタリングには手数料があります。
しかし手数料の上限は法律で定められていません。なかには、法外な手数料をだまし取る事業者も見受けられます。

 

そのような事情を給与ファクタリングに持ち込んで、手数料をだまし取る業者が現れたのです。
手数料に詳しくない給与ファクタリング利用者も多く、結果的にお金をだまし取られる、という事例が後を絶ちませんでした。

 

 

家族や勤務先への被害

給与を取り立てるために家族や勤務先に事業者が押しかける、という事例も報告されています。

 

取り立てという行為に違法性はない場合もありますが、給与ファクタリングの利用者が求める退去を無視したり、勤務先に押しかけたりするのは違法です。
しかし給与ファクタリングの利用者は、そのようなトラブルに巻き込まれ、正当性を主張できないケースが多く見受けられます。

 

 

闇金にあっせんされた

極めつけな被害としては「闇金にあっせんされた」というものがあります。

 

基本的に給与ファクタリングが利用されるのは、お金がないからです。
そのような利用者の心理につけ込んで「闇金業者に情報提供される」という事例もありました。

 

闇金は利用したら最後、泣き寝入りも難しい立場に追いやられるため、絶対に利用してはいけません。

 

 

なぜ給与ファクタリングでトラブルに巻き込まれるのか

 

ここまで給与ファクタリングそのものやトラブルの事例を紹介しましたが、なぜ給与ファクタリングを利用してこのような事態に巻き込まれるのでしょうか?

 

それは「給与ファクタリングは違法だから」です。
法人のファクタリングは合法ですが、個人に対するファクタリングは違法です。

 

そもそも個人の債権に対して金銭の取引が発生する場合「貸金業」にあたるので、ファクタリングが成立しません。
実際に逮捕される事業者も現れています。

 

お金がないからといって、利用して良い方法ではないのです。

 

 

絶対に利用してはいけない資金調達方法

 

絶対に利用してはいけない給与ファクタリング

 

給与ファクタリングは違法行為です。自身がトラブルに巻き込まれないためには、利用しないのが一番

 

今回ご紹介した事例に巻き込まれたくないと感じたアナタは、危険に踏み込まず、個人が利用できる真っ当な借り入れを行う決意が固まったのではないでしょうか。