買取ファクタリングのいちばんの特徴は資金調達が目的であるということです。

買取ファクタリング

会社の行う資金調達の中で、比較的新しい方法として注目されているのがファクタリングです。
以前と比べて、近年はファクタリングを行う会社が大幅に増えています。

 

そんなファクタリングですが、実は一口にファクタリングと言っても色々なタイプのものがあります。
今回はその中でも、買取ファクタリングについて取り上げていきたいと思います。

 

 

買取ファクタリングとは

買取ファクタリングを解説

会社というのは多くの場合、売掛債権を保有しています。
会社が売掛債権を保有していれば、当然期日になれば売掛金を回収することができるわけですが、売掛債権にはもう1つ使い道があります
ファクタリングという形で買取業者に売掛債権を売却し、その買取金額を資金化するという方法です。

 

このファクタリングには、既に述べた通りいくつかのタイプがありますが、目的の違いという点で考えると以下の2つに分類することができます。

 

1つは買取型のファクタリング、そしてもう1つは保証型のファクタリングです。
この両者の違いは資金の調達を目的としているかどうかという点にあります。

 

買取型(買取ファクタリング)の場合には資金調達を目的としており、一方の保証型の場合には資金調達を目的としていません。
買取ファクタリングとは具体的には、買取業者(ファクタリング会社)に売掛債権を売却し、その売却代金を手数料を差し引いた上で受け取れるというサービスのことを言います。
感覚的には、手形の割引と似ています。

 

ただ「ファクタリング」と言った場合には、この買取ファクタリングのことを指すのが一般的です。
買取ファクタリングは会社の資金調達の方法として非常に垣根が低いため、多くの中小企業がこの方法を利用しています。

 

 

買取ファクタリングのメリット

買取ファクタリングには以下のようなメリットがあります。

 

すぐに資金化できる

買取ファクタリングは他の資金調達の方法と比べてとてもスピーディーな方法です。
最短であれば即日で資金化することもできます。

 

審査に通りやすい

資金調達を行う際の最大のネックとなるのが審査ですが、買取ファクタリングではこの点に関して全く心配する必要がありません。
審査対象となるのはあくまでも売掛先の会社であるため、売掛債権を売却する側の会社に赤字や債務超過などがあっても問題ありません

 

担保・保証人が不要

買取ファクタリングは売掛債権の売却による資金化であって、決して借入れではありません。
ですので、担保や保証人が必要になることはありません

 

信用情報に影響しない

繰り返しますが、買取ファクタリングは借入れではありません。
そのため、負債が膨らんで信用情報に影響が出るということもありません

 

 

買取ファクタリングの流れ

最後に、実際に買取ファクタリングを行う際の流れについて紹介しておきたいと思います。

  1. クライアントとカスタマーの間で商品やサービスの売買契約を結ぶ
  2. クライアントがカスタマーに商品やサービスを納入し、売掛債権が生じる
  3. クライアントがファクタリング会社に売掛債権を譲渡(売却)する
  4. ファクタリング会社がクライアントに代金を支払う
  5. 支払期日にファクタリング会社がカスタマーに対して債権の回収を行う