信用力をアピールすることが、ファクタリング手数料交渉のポイントです。

手数料の交渉は可能か?

ファクタリング会社を利用する際には、必ず手数料が必要になります。
どのファクタリング会社でも、手数料を支払わずに売掛債権を売却できるということはありません。

 

ですが手数料は、言うまでもなくファクタリングを利用する会社からすればコストにしかなりませんので、安ければ安いほど良いということになります。
そこで出てくるのが、手数料を交渉して安くしてもらうことはできるのか?という疑問です。

 

 

交渉は可能なのか?

交渉のイメージ

ファクタリング会社にとって売掛債権買取の手数料は、利益を得る上で欠かすことのできないものです。
一方、ファクタリングを利用する会社から見れば、手数料は売掛債権の売却額を目減りさせるものにしか過ぎません。
ですので、手数料を安くできるのであれば、全ての会社が値下げ交渉をするはずだと考えられます。

 

さてそこで問題になるのが、そもそも手数料を安くしてもらうための交渉は可能なのか、ということです。
結論から言うと、手数料についてファクタリング会社と交渉することは可能です。

 

そして実際に、ファクタリングを利用している多くの会社が手数料の交渉を行っています
ファクタリング会社の手数料というのはそもそも、何らかの一律の基準に基づいて決められているものではありません。
個々の顧客の信頼性を個別に判断してファクタリング会社が独自に決めているのが、ファクタリングの手数料なのです。

 

ですので、手数料が初めから決まっているということはなく、顧客の信頼性によってはファクタリング会社も手数料の交渉に応じるということも十分にあり得るのです。

 

 

手数料を安くするために有効な方法

次に実際に手数料を安くする交渉をする際に有効になる方法について紹介していきます。

 

取引の将来性をアピールする

売掛先との取引が今後も継続することをアピールことは、手数料を下げる上で非常に有効です。
具体的には、以下のようなものを提示すると良いでしょう。

  • 過去の入金履歴
  • 計画書
  • 期間の明記された契約書

過去の入金履歴は取引が実在することや今後も継続することを裏付けるのに役立ちます。
そして計画書は、その計画が今後も継続し完了までに受注が続くことを証明でき、期間の明記された契約書は具体的な入金のスケジュールを示すことに役立ちます。

 

過去の返済実績をアピールする

会社の信頼性を示す上でとても重要なのが、過去の返済実績をアピールするということです。
これは、過去に何度も返済をした実績のある会社にしか行えないことですが、信頼性を高めるという意味ではとても大きな要素になります。
長期に渡る返済を行ったことがある、あるいは何度も返済を行っている、そのような会社は優良顧客として評価されます。

 

企業の業績を添付する

ファクタリングを行う際には、ファクタリング会社の側で必ず顧客となる会社の決算書と登記情報をチェックします。
しかし、これらの必要書類だけで会社の状態を細かく把握できるわけではありません。
特に会社の業績に関しては、これらの書類だけでは把握しきれないところが多々あります。

 

そこで、顧客の側で会社の業績をアピールしたい場合には、運営実績・大手取引先・HP・企業規模などの情報をファクタリング会社に伝える必要があります。
業績が良ければいくらか信頼性も高まりますので、アピールできる部分があればしっかり資料を用意した上でアピールしましょう。