オンラインファクタリングは手数料の安さも大きなメリットの1つです。

オンラインファクタリングのススメ

オンラインファクタリングを試す経営者

 

出張買取や持ち込み買取など、ファクタリングの利用手段はさまざまです。
しかしファクタリング事業者の所在地は都市部に多く資金調達までに時間が掛かる場合もあります。

 

そのような場合に、効率よく最速で資金調達を行える手段が「オンラインファクタリング」です。

 

やることは通常のファクタリングと大きく変わりませんが、オンラインファクタリングならすべての手続きをパソコン1つで済ませられます。
とにかく資金調達までの時間が惜しい経営者はオンラインファクタリングを利用できるようにしておきましょう。

 

また、時間に余裕がある場合でも、オンラインでファクタリングをできるようにしておくことには、いくつもメリットがあります。

 

 

オンラインのファクタリングのメリット

素早い資金調達

先ほども触れたように、オンラインファクタリングの特徴的なメリットは「素早い資金調達が可能」という点です。
条件さえ整えば最短で「その日の午後」には銀行口座に入金されています。

 

 

オンライン書類提出

ファクタリングに必要な書類は「売掛金を証明する契約書」に始まり、「通帳」「法人確定申告書」「商業登記簿謄本」など、数多くあります。
持ち込みや出張買取の際はそれらの書類を実際に手元に集めておく必要がありますが、オンラインファクタリングならば物体としての書類が必要ありません

 

あらかじめパソコンにスキャンしておけば、あとはメールに添付して送信するだけでファクタリングの書類提出が完了します。
事前に電子ファイルを準備しておくだけなので、非常に便利です。

 

 

安価な手数料

ファクタリングには手数料がつきものです。
一般的な2社間ファクタリングでは5~30%、3社間ファクタリングでは1~10%程度が設定されています。

 

しかし、オンラインで手続きが完結すればファクタリング事業者側も人件費を削減できるため「相場の中でも少し低い手数料が設定されている」というケースが多いです。
もちろん出張に必要な別途費用も節約できるので、金銭的なメリットは十分にあります。

 

 

距離的な利便性

手続きはすべてメールで完結するため、どの地域にあるファクタリング会社でも利用できます。

 

一番多いパターンとしては「周りにファクタリング事業者が全くない地方の企業が、東京のファクタリング事業者を利用する」というケースです。
地方の企業でも、上手くいけば最短即日での資金調達も実現できます。

 

 

これからの時代はオンラインの選択肢を

オンラインファクタリングに慣れている男性

 

オンラインファクタリングはスピーディな資金調達においてメリットがありますが、一方で経営者が不慣れな場合は時間がかかってしまう恐れがあります。
日頃からオンラインで利用できるファクタリング事業者を探して、慣れておきましょう。

 

オンラインファクタリングを選択肢の1つとして、いつでも利用できるようにしておくと良いのではないでしょうか。