ファクタリングと手形割引、銀行融資、ローンの違いを解説いたします。

他の資金調達との違い

 

資金調達と一口に言っても、様々な方法があります。

ファクタリングも資金調達の1つで、日本では最後の手段だと捉えられています。

 

資金繰りに難航している経営者は、時に冷静な判断が出来なくなることがあるのです。
ファクタリングが最善な手段なのかを確信するためにも、他の資金調達方法との違いを学びましょう。

 

資金調達イメージ写真

 

手形割引とファクタリングの違い

ファクタリング企業の売掛金を買い取ってもらう金融取引に分類されます。
黒字倒産を回避したり、キャッシュフローを安定化させたりする効果があります。

 

一方の手形割引ですが、これは約束手形を買い取ってもらう取引となります。
約束手形とは、何月何日にいくら支払いをするかを約束した書類のことです。
この約束手形を第三者に買い取ってもらうことを手形割引と呼びます。

 

どちらも早期現金化が目的であり、手元に入って来る金額となっています。
ですが、両者には大きな違いが存在しているのです。

 

まず、約束手形は融資の意味を持つため、手形割引を行った際に返済義務が発生します。
例えば、100万の約束手形を買い取ってもらい、90万を受け取ったとしましょう。
その後、約束手形を発行していた相手が現金を支払わない、あるいは支払えなくなったとします。
こうした状況になった際、90万で買い取った企業へ返済の義務が発生するのです。

 

これに対してファクタリングは、売掛金を買い取ってもらうことになります。
買い取りなので支払い予定の企業がお金を出さなくても、返済の義務が発生しません。
契約の内容によっては返済義務を負わされますが、大抵の場合は気にしなくても問題無いでしょう。

 

手形割引とファクタリングの違いは、返済義務が発生するか否かです。

 

銀行融資やローンとの違い

ファクタリングと融資やローンは大きく異なります。
そもそも銀行から資金調達しようとすると、事業計画や入念な審査が行われます。
数週間から数ヶ月以上の時間が必要になるので、早期現金化には不向きな資金調達方法でしょう。

 

その点、ファクタリングは売掛金を買い取ってもらうので審査が非常に早いです。
スピードを重視した現金化においてファクタリングは高い強みを持っているのです。

 

今すぐ資金を調達するならファクタリングの方が効果的です。