取引先の企業にファクタリングの事実を伝えない方が良いでしょう。

ファクタリングで信用は下がる?

 

ファクタリングを検討するなら会社の信用を下げないように工夫しなければなりません。
残念なことに日本国内でのファクタリングはまだまだネガティブな印象が付きまといます。

 

世界では常識とされるファクタリングですが、その価値観を日本で振りかざしても効果は薄いです。
経営者であれば、なるべく会社の信用を下げない努力をしましょう。

 

ファクタリングによって信用を下げない方法を知り、うまく活用してみてください。

 

取引先の企業には言わない

 

秘密のポーズをとる男性

 

はっきりと断言しますが、ファクタリングを利用している事実が相手企業に伝わると悪い印象を持たれます。
ファクタリングによって信用が下がると言っても過言ではありません。

 

もちろん、相手によってはファクタリングに理解を示して応援してくれる場合もあります。
しかし、相手が内心でどのように考えるかは未知数です。
万全を期すのであれば取引先の企業にファクタリングの事実を伝えない方が良いでしょう。

 

ファクタリングは2社間で行う

ファクタリングを行う場合は、自社とファクタリング会社の2社間で取り引きを行ってみましょう。
2社間のファクタリングになると売掛金が支払われないリスクが出て来るため、手数料が多めになります。
ですが、取引先にファクタリングの事実が知られないので信用を落とす心配はありません。

 

安全に売掛金を早期現金化出来ますのでキャッシュフローの安定に役立ちます。
信用を落とさないためにも2社間の取引きを徹底してみてください。

 

状況によっては3社間も良い

3社間のファクタリングになると、自社とファクタリング会社に加えて取引先の企業が入ります。
この場合は、取引先がファクタリングの事実を知ることになります。

 

メリットとしては、手数料が低くなるので現金化出来る割合が多くなることです。
ただし、ファクタリングの事実を知った取引先がどう行動するかは分かりません。
その場では快くファクタリングを承諾してくれても、その後の取引きが不安定になる恐れはあるのです。

 

経営者として状況を分析し、何が最善かをしっかりと判断するようにしましょう。
一度失った信頼を回復するのは極めて困難だと、肝に銘じておくべきです。