ファクタリングのメリットは中小企業経営者にとって大きな存在となります。

ファクタリングを利用するメリット

 

ファクタリングのメリット

 

中小企業を経営している人の中には経営に行き詰っていたり、経営を続けていく為に必要な資金調達に苦しんでいる人が数多く居ます。

 

大手の企業とは違って中小企業の場合は銀行からの融資を受けたり借入れをするのも一苦労ですので、資金調達が難航して「経営難」に陥ってしまう中小企業も毎年、数多く見受けられます。しかし、銀行からの融資が受けられなかったり借入れが出来ない経営者でもスピーディにキャッシュを調達する事が出来る「ファクタリング」と呼ばれる資金調達方法が今、話題を集めています。

 

ファクタリングとは簡単に言えば「中小企業が持っている売掛金をファクタリング会社に買い取って貰う事でスピーディにキャッシュを得る方法」の事です。
この資金調達法を利用すれば最短でわずか一日で資金を得ることが出来るため、窮地に陥っている中小企業の経営者たちにとってはまさに「救世主」のような存在と言えます。

 

リスクの少ないファクタリングとは

ファクタリングを利用した場合、中小企業が将来的に取引先から得る予定の売上(売掛金)をファクタリング会社に審査して貰い、売掛金の回収先に問題がないと判断されれば即日~一週間程度で資金を得ることが出来ます。

 

つまり、資金がすぐにでも欲しいという企業経営者にとってファクタリングはどんな資金調達法よりも「素早く資金を調達できる」というメリットがあるというわけです。

 

また、ファクタリングを利用してキャッシュを得た後で、売掛金を回収すべき企業が倒産したり資金が回収不能になったとしてもファクタリングを利用した中小企業側には「ペナルティが無い」といったメリットもあります。

 

何故ならファクタリングを利用する際に審査をし、売掛金の回収に問題が無いと判断したのはファクタリング会社側ですので、その責は全てファクタリング会社が負うというルールになっているからです。

 

そのため、ファクタリングはある意味、もっともリスクの少ない資金調達法と言えるのです。