ファクタリングは中小企業経営者がスピーディに資金を手に入れる事が可能です。

どんな時にファクタリングを利用するのか

 

ファクタリングを利用する時とは

 

今では当たり前のように中小企業の経営者の間では利用されつつあるファクタリングですが、一般的にはまだまだ馴染みの薄い言葉と言えます。

 

ファクタリングでは売掛金の存在が欠かせませんが、売掛金というのは簡単に言えば企業が取引先に物資やサービスを提供し、その見返りとして将来的に入ってくる「利益」の事を指します。
ただし、売掛金は将来的に入ってくる事を見込んで計上されている利益ですから実際に中小企業が現金を得ることが出来るのは数週間~数ヶ月先の事です。

 

ファクタリングを利用した場合、この売掛金をファクタリング会社に買い取って貰う事で事業資金をスピーディに調達する事が可能となります。

 

一見すると銀行からの融資を受けたり資金の借入れを行うのと同じようにも見えますが、ファクタリングは所謂「債権」を売買する事によって資金調達を行う方法なので、融資や借入れとは違ってお金を返済する義務が生じないという特徴があります。

 

そのため、経営難に陥っていて銀行からの融資が受けられない中小企業や資金繰りが難航している経営者にとってファクタリングは「最後の砦」とも言うべき資金調達方法なのです。

 

資金をより早く調達できるメリット

 

ファクタリングをどのような時に利用するのかというのは経営者や企業にとってさまざまですが、大半の経営者は「資金をより早く調達したい時」にファクタリングを利用しています。

 

たとえば経営難に陥りどの銀行からも融資が受けられなくなった時、事業資金さえ調達できれば盛り返す事が出来るという場合にファクタリングを利用する事で一時的に資金を調達することが可能となります。

 

もちろん、将来的に得られる事が見込まれる利益でもある売掛金をファクタリング会社に売却してしまう為、次の資金繰りが難航した場合に再び苦境に陥ってしまう可能性もあるので利用の際には注意が必要です。