日本ではファクタリングに対して、まだまだイメージを覆すには至っていません。

世界では常識のファクタリング

 

日本と世界では金融の常識が異なっています。
ファクタリングもその1つで、日本と世界では大きな認識のズレがあるのです。

 

世界各国ではポジティブに考えられますが、日本ではネガティブな印象が強く根付いています。
日本が遅れているという意見も出ていますが、これはその当時の社会情勢が関係しています。
一概に過去を批判するのではなく、現時点で何が大切かを考える方が建設的でしょう。

 

世界で常識となっているファクタリングの魅力に迫りたいと思います。

 

日本でのファクタリング

 

日本の都市イメージ写真

 

まず、日本においてファクタリングとは経営が危ない会社が利用する最後の資金調達法と見られています。
確かに、売掛金の支払いを待てない状況にあるなら経営が危ないのかもしれません。

 

しかし、中には新しい店舗の開店資金であったり、新製品の開発だったりに緊急でお金が必要な場合もあります。
銀行などから融資を受けるよりも、ファクタリングで売掛金を現金化する方が遥かにコストが安く済むケースも存在します。

 

ファクタリングには2社間と3社間があり、売掛金の譲渡を支払い会社へ伝えるパターンがあるのです。
通常であれば何も問題無いと認識されるファクタリングが、日本では変に誤解を与えかねません。
経営が悪化していると受け取られてしまい、今後の取引が打ち切られる事例すらあります。

 

徐々に日本でも増えつつあるファクタリングですが、まだまだイメージを覆すには至っていないのが実情です。

 

世界のファクタリング

世界で見るとファクタリングは資金調達の方法として常識となっています。
そもそも売掛金という数字や紙切れに価値を見出さず、現金主義な一面があるからこそのファクタリングです。

 

中小企業に限らず、必要に迫られれば大企業でさえファクタリングを行っています。
数十億のファクタリングを行うケースもあり、いかにキャッシュが大事にされ日常的に行われているかが分かります。
こうした文化は気軽にファクタリングを提案でき、それを受け入れる状況を作るのです。

 

不信感というあやふやな物では無く、現金という確実な手段で取り引きを行う世界に日本も追従するべきでしょう。
無闇にファクタリングを行えば良い訳ではありませんが、もっと理解と認知を深める努力が必要です。