中小企業経営者がファクタリングを使う際の注意点を解説していきます。

ファクタリングを利用する上での注意点


ファクタリングの注意点


今では中小企業の資金調達方法として当たり前のように利用されるようになってきたファクタリングですが、利用する際には幾つかの注意点について把握しておく事が大切です。

手数料

中小企業が売掛金をファクタリング会社に買い取って貰うための契約を交わした場合、必ず所定の「手数料」が発生します。
この手数料はファクタリング会社によって異なりますが、出来る限りコストを低く見積もりたいのであれば利用するファクタリング会社をしっかりと見極めて選ぶ事が大切です。

審査

また、中小企業の経営者が所有している売掛債権をファクタリング会社に買い取って貰う場合、所定の審査を通過する必要があります。


しかし、ここで注意したいのは「売掛債権が何らかの理由ですぐには請求できない状態だと審査を通過しない恐れがある」という点です。


たとえば建設関連の売掛金では施工中に請求が出来ないものも多く、こうしたケースではファクタリング会社が売掛債権を買い取ってくれない場合があるのです。
また、施工は完了していてもその後の検査が済んでいないケースでも請求できない場合が多いので注意が必要です。

ファクタリングの仕組みを理解する
また、ファクタリングを利用するという事は将来的に見込まれる利益を得る権利そのものをファクタリング会社に売却するという事です。
つまり、一度ファクタリングを利用すると売掛債権の所有権は自社からファクタリング会社へと移ることになるので、今まで保有していた売掛債権から生じる将来的な利益は得られなくなるという事をしっかりと頭に留めておくことが大切です。

たまにファクタリングの仕組みをよく理解せずに利用し、一度ファクタリングによって売掛金を譲渡したにも関わらず他のファクタリング業者にも同じ売掛債権を売却できると考えている事業主の方が見受けられますが、それは100%不可能な行為と言えます。

ファクタリングを利用する際はその仕組みや契約内容をしっかりと把握した上で上手に活用する事が大切です。