ファクタリングは中小企業経営者必見の事業資金調達法です。

中小企業の経営者の間で話題の「ファクタリング」

 

ファクタリングとは?

 

一般的にはあまり認知されていないかもしれませんが、最近では中小企業の経営者間で「ファクタリング」という言葉をよく耳にする事があります。

 

ファクタリングというのはざっくりと言えば資金調達を目的とした「金融取引」の事を指します。

もう少し簡単に説明すると、ローンを利用する事が出来なくなった中小企業の経営者が利用できる唯一の事業資金調達法のことをファクタリングと呼んでいます。

 

具体的には、その年に上がった売上の中でまだ中小企業側に入ってきていない「売掛金」をファクタリング会社に買い取って貰う事によって事業資金を調達する事が出来るようになる仕組みがファクタリングと呼ばれる金融取引の概要となります。ファクタリングという金融取引を利用する中小企業の多くは「ローンや銀行からの融資を受けられなくなった企業」が大半を占めているのが現状です。

 

そのため、ファクタリングの事を「事業資金調達の最終手段」と呼ぶ人も居ます。ただし、ファクタリングは国家にも認められた正当な金融取引ですから、決して怪しい取引を行っているわけではないという事だけは覚えておく必要があります。

 

資金難の経営者にとって救世主となるファクタリング

 

中小企業経営者の救世主

 

その証拠にたとえば建設会社がファクタリングを希望した場合、国土交通省からファクタリングを請け負う「ファクタリング会社の紹介」を受けることが出来る事業も存在しています。

 

ただし、ファクタリングに掛かる手数料というのは通常の事業ローンや銀行融資に比べると少しだけ割高に設定されています。
しかしローンを組めなかったり銀行からの融資が受けられなくなってしまった中小企業の経営者にとっては売掛金さえあれば誰でも資金調達が可能なシステムなので、資金調達が難航している経営者にとってファクタリングはまさに「救いの神」とも言える仕組みと言えます。

 

ファクタリングの仕組み

ちなみにファクタリングは融資や借入金とは違って借金ではなく、あくまでも自社が所有している「売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらう」という仕組みなので利息が発生したりという事はなく、売掛金が多ければ安心して利用できるシステムと言えます。

 

また、ファクタリングを利用する際には所定の審査を受ける必要がありますが、借り入れや融資とは違ってファクタリングの審査ではファクタリングを利用する中小企業ではなく、「その企業の売掛先の審査」が行われます。

 

そのため、売掛先である取引企業が信頼できる企業であればファクタリングの審査は難なく通過する事が可能という事です。

ファクタリングを利用する大きなメリット

 

ファクタリングは即日入金も可能

 

また、ファクタリングを利用したい中小企業の経営者が望めば最短で「即日の入金も可能」というメリットがあります。

 

ファクタリングの審査では書類審査や売掛金の入金予定日などがチェックされますが、審査を通過すれば早ければ当日、長く掛かっても僅か一週間ほどで資金化を行うことが出来るという強みがあります。そのため、銀行からの融資や借入れに比べてスピーディに資金調達が出来るというのがファクタリングの大きなメリットと言えます。

 

さらに、ファクタリングを利用して資金調達をした後で売掛先が倒産したり、売掛金が戻ってこなかったりしてもファクタリングを利用した企業側は「責任を問われないという事も大きなメリットのひとつです。
何故なら売掛先企業の審査を行い、信用力の判断を下したのはファクタリング会社ですから、仮に売掛金が回収できなくなったとしてもそれはリスクを承知で売掛金を買い取ったファクタリング会社の責となるからです。

 

そのため、窮地に陥っている中小企業の経営者にとってファクタリングは非常に心強い味方となり得るのです。